上賀茂神社の桜
 春は境内全体が見事な桜で飾られます。一の鳥居をくぐり二の鳥居に至るまでの一直線に伸びる参道の脇に、紅八重枝垂れのみごとな花の枝を広げる樹齢150年の斎王桜、3月の下旬に白い花を広げる御所桜や馬出しの桜、鞭打ちの桜など、それぞれ謂われのある桜たちが並びます。

 二の鳥居を入り、立砂(たてずな)が盛られた細殿(重要文化財)を左に進むと「みあれ桜」が赤い花を咲かせています。

上賀茂神社
 世界文化遺産に指定されている上賀茂神社のあたりには京都盆地の中でも早くから人々が住んでいました。

 上賀茂神社は京都に都が造られる平安遷都以前からあった歴史のある神社で、この辺りに勢力を持っていた豪族・賀茂氏の祖先を祀っています。伏見稲荷大社、松尾大社とともに京都で最も古い神社の一つに数えられています。

 神社の背に神様の降臨地とされる円錐形の美しい形の神山(こうやま)があります。この地の歴史は神話の世界にまで遡り賀茂や鴨の地名は「神」に由来するともいわれています。

 秋の紅葉も美しく、ならの小川や渉渓園が赤や黄に彩られます。渉渓園では平安時代をしのんで雅な曲水の宴が催されます。

 下鴨神社とともに春5月15日の「葵祭(あおいまつり)」がよく知られています。伊勢神宮と同じく歴代の天皇の皇女が斎王として仕えてきました。葵祭行列のメインともいわれる斎王行列でその名残を見ることができます。
 世界遺産の下鴨神社のページもご覧ください。

上賀茂神社(かみがもじんじゃ)
 上賀茂神社の歴史は古く、平安遷都以前からこの地にあった京都最古の神社の一つです。

 一の鳥居から二の鳥居に向かう長い参道の東には紅色の枝を垂れる斎王桜、白枝垂の御所桜など明治初年に植えられた樹齢を誇る桜が美しく咲いています。

 重要文化財の細殿から北西に建つ授与所の脇で美しく咲くベニシダレザクラの「みあれざくら」はJR東海の「そうだ京都行こう」のコマーシャルでよく知られています。

 上賀茂神社へのgoogle地図はページの下部にあります。

上賀茂神社の鎮座地
 
京都市北区上賀茂本山339
上賀茂神社へのバス
●市バス「上賀茂神社前」バス停下車すぐ(京都駅前から市バス4系統に乗車)
駐車場 参拝者専用、普通車30分毎100円(一の鳥居の西側、約170台が駐車可能)午前6時より午後10時まで

隙間400

▼満開を迎えた上賀茂神社の斎王桜。

上賀茂神社桜78-1

▼JR東海の「そうだ京都行こう」のCMポスターで知られた「みあれ桜」と細殿(重要文化財)の前に盛られた立砂。

上賀茂神社桜78-2

▼参道の東に並ぶ桜、紅色の枝垂桜「斎王桜」。

上賀茂神社桜1

▼上賀茂神社の一の鳥居から二の鳥居と参道の桜を見ています。

上賀茂神社桜6

▼白い花の御所桜は他の桜に先駆けて3月下旬に花を咲かせます。

上賀茂神社桜2

▼上賀茂神社の二の鳥居のそばで咲く風流桜

上賀茂神社桜5

▼上賀茂神社の二の鳥居と、みあれ桜を見ています。

上賀茂神社桜7

▼ひときわ美しいみあれ桜。

上賀茂神社桜3

▼3月下旬の上賀茂神社楼門。

上賀茂神社桜4

▼楼門の前には少し遅咲きの賀茂桜が咲きます。

上賀茂神社桜8