毘沙門堂の桜
 宸殿の前で春毎に白い花を咲かし続けている見事な枝垂桜「毘沙門しだれ」は花の枝を直径30メートルにも拡げています。寛文5年(1655)にこの地に寺が再興されて以来約350年もの長い間に咲き続ける「毘沙門しだれ」は「左近の桜」としても有名で、今は5代目で樹高は10メートルもあると桜の傍に掲げてある駒札説明板に書かれています。この桜は「山科区民の誇りの木」にも指定されています。

 毘沙門堂には本堂の脇で咲くソメイヨシノ、一切経蔵の前で濃い紅紫色の花を付ける枝垂桜や勅使門の前で咲く桜など50本以上の桜が植えられていて、4月初めの毘沙門堂は多くの花見客で賑わいます。

毘沙門堂(びしゃもんどう)
 毘沙門堂の創建は古く飛鳥時代に遡り、文武天皇(在位697~707)の勅願により、大宝3年(703)に行基により開創されました。 その後幾多の変遷を経て現在の寺観になりましたが、桃山風の彫刻が施された本堂や、宸殿に描かれている狩野益信(かのうますのぶ、狩野探幽の子)の筆による障壁画がよく知られています。この宸殿は後西天皇の旧殿を移築したものだそうです。

 毘沙門堂は後西天皇(在位1655~1663)の皇子公弁法親王が入寺されて以来、天台宗五箇室門跡として格調高い歴史を誇る古刹で、京の七福神めぐりや春の桜、秋の紅葉見物など人々に親しまれているお寺です。京の七福神めぐりの一つに数えられるご本尊の毘沙門天は天台宗の祖伝教大師(最澄)の自作と伝えられます。

 毘沙門堂の紅葉の頁もご覧ください。

毘沙門堂(びしゃもんどう)
 毘沙門堂の本堂に安置されているご本尊の毘沙門天は京都七福神の一つに数えられ、人々の信仰を集めています。この毘沙門天は天台宗の祖伝教大師(最澄)の自作と伝えられています。

 毘沙門堂の宸殿の前で咲く「毘沙門しだれ」は樹高が約10メートルの大きな樹で、花の枝を直径30メートルにも拡げています。

 毘沙門堂には境内全体に50本以上の桜が植えられています。 毘沙門堂は春の桜だけでなく、秋の紅葉も美しく勅使門に向かって伸びる参道の石畳に赤く敷き詰められる散り紅葉が絶景です。

 毘沙門堂へのgoogle地図はページの下部にあります。

毘沙門堂の宗派 天台宗
毘沙門堂の拝観 境内自由
毘沙門堂の宸殿・庭拝観 500円
毘沙門堂の拝観時間
 
朝8時半より夕5時(冬12月~2月は夕4時半まで)
毘沙門堂への公共交通機関
●JR琵琶湖線「山科」下車、北へ徒歩約15分
●地下鉄東西線「山科」下車、北へ徒歩約15分
● 京阪電車京津線「京阪山科」下車、北へ徒歩約15分
毘沙門堂駐車場 拝観者の自家用普通車10台が無料で駐車できます。

隙間400

▼4月上旬に宸殿の前で満開の花の枝を大きく広げる「毘沙門しだれ」。

毘沙門堂桜80-1

▼「毘沙門しだれ」の左の建物が宸殿です。

毘沙門堂桜1

▼仁王門から眺める春の毘沙門堂境内、左の屋根は本堂。

毘沙門堂桜6

▼桜を見上げて勅使門への階段を昇ります。

毘沙門堂桜2

▼桜が美しい毘沙門堂の春。

毘沙門堂桜3

▼一切経蔵の前には濃いピンクの花が咲く枝垂桜。

毘沙門堂桜4

▼薬医門から境内の桜を見ています。

毘沙門堂桜5