龍安寺石庭の桜
 上3枚の写真は石庭で知られる方丈庭園です。築地塀の向こうから春は桜、秋は紅葉が白砂の庭に彩りを添えます。

 禅の思想をシンプルに表現したといわれる石庭には、白砂の広がりの中に左から5、2、3、2、3と15個の大小の石が配置されています。龍安寺の紅葉をクリックすると紅葉の石庭が見られます。

龍安寺の鏡容池
 龍安寺境内の桜が美しい鏡容池では、春は桜と雪柳、夏は睡蓮や蓮の花、秋には鮮やかな紅葉が見られます。鏡容池に浮かぶ二つの島のうち、弁天島には真田幸村の墓があります。鏡容池を左に見て石庭拝観入り口の庫裏に向かう道には背の高い紅枝垂桜から花の枝が降り注ぎます。

龍安寺(りょうあんじ)
 龍安寺は平成6年(1994)にユネスコの世界文化遺産に登録された、臨済宗妙心寺派の寺院で、徳大寺家の豪壮な別荘を宝徳2年(1450)に細川勝元が譲り受け禅寺を創建したのが龍安寺の始まりです。

 その後に応仁の乱により焼失しましたが、明応8年(1499)に細川勝元の子、細川政元が再興しました。重要文化財の「紙本墨書太平記12冊」などの貴重な文化財を所蔵しています。

知足の蹲踞(ちそくのつくばい)
 方丈を裏に廻ると徳川光圀(水戸黄門)の寄進といわれ、中央の口の字を共用して「吾唯足るを知る」と読む有名な蹲踞(つくばい)が置かれています。これは忠実に複製されたもので実物は公開されていません。

龍安寺(りょうあんじ)
 石庭で知られる方丈庭園の築地塀の向こうから桜が紅色の花の枝を垂れて白砂の庭に彩りを添えています。

 龍安寺は清水寺、金閣寺と共に京都で最も修学旅行生や観光客が訪れる寺院です。

 龍安寺は平成6年(1994年)にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

 龍安寺へのgoogle地図はページの下部にあります。

龍安寺の宗派 臨済宗妙心寺派
龍安寺の所在地
 京都市右京区龍安寺御陵下町13
龍安寺の拝観料 500円
龍安寺の拝観時間
 朝8時~夕5時(12月~2月は朝8時半~夕4時半)
龍安寺への公共交通機関
(龍安寺への地図はこのページの下にあります。)
●JRバス「龍安寺前」下車すぐ
 (京都駅前より周山、栂尾、立命館大学前ゆき)
●市バス「龍安寺前」下車すぐ(三条京阪、四条河原町より市バス59系統に乗車)
●嵐電北野線「龍安寺」下車、徒歩数分
駐車場 龍安寺拝観者は駐車場が無料で利用できます。

隙間400

▼ホウキの掃き目が描かれた白砂に大小15個の石が配置されています。

龍安寺桜78-1

▼石庭の三方が低い油土塀で囲まれています。

龍安寺桜78-2

▼龍安寺石庭を彩る紅枝垂桜。

龍安寺桜5

▼桜が美しい龍安寺の春。

龍安寺桜3

▼水面に桜が影を落とす鏡容池。

龍安寺桜4

▼桜を眺めながら方丈へと歩きます。

龍安寺桜6