本法寺(ほんぽうじ)
 小川通から西に入る仁王門からの参道の両側や本堂、多宝塔などが建ち並ぶ本法寺の広い境内を春の桜が飾ります。

 本法寺は本阿弥清信が日親上人を開基にして永享8年(1436)に創建したのが始まりで、叡昌山と号する日蓮宗本山の由緒深いお寺です。
 最初は今の大丸百貨店のある四条高倉近辺にあったようですが、天文5年(1536)の法華の乱の後に現在地に移転したそうです。

 本阿弥光悦の作庭と伝えられ、名勝に指定されている「三巴の庭(みつどもえのにわ)」と数ある重要文化財の美術品は有料で拝観できます。

 本法寺は本阿弥家の菩提寺で一門の墓があり、光悦による書画や什器を所蔵しています。

 現在見ることのできる堂宇は江戸時代後期に再建されたもので、本堂、開山堂、多宝塔、仁王門、庫裡、書院、大玄関、唐門、鐘楼、経藏、宝藏、其の他が京都府指定有形文化財建造物となっています。

 本法寺は画家の長谷川等伯とゆかりがあり、本堂の前に等伯の像と本阿弥光悦お手植の松があります。

 豊臣秀吉の都市整理によりこの辺りには寺院が集められ、本法寺の南隣には人形の寺として知られている宝鏡寺があり、寺之内通を堀川通より西に向かうと桜が美しい妙顕寺や妙蓮寺などがあります。

 本法寺仁王門の東向かいの小川通沿いには茶道の表千家・裏千家があります。

本法寺(ほんぽうじ)
 本法寺の本阿弥光悦が作庭したと伝えられる書院の庭は、三つの勾玉(まがたま)の形をした築山が巴型に見えるので「三巴の庭(みつどもえのにわ)」と呼ばれて国の名勝に指定されています。

 本法寺は桃山時代の絵師の長谷川等伯とのゆかりがあり、本堂の前には長谷川等伯の像が建ち、本阿弥光悦によるお手植の松もあります。

 小川通の西側に建つ本法寺の仁王門から入る参道の両側や、本堂、多宝塔を飾るように咲く桜がことのほかきれいです。

 本法寺へのgoogle地図はページの下部にあります。

本法寺の宗派 日蓮宗本山
本法寺の所在地
 
京都市上京区小川通寺之内上る本法寺前町617
本法寺へ拝観
境内自由
宝物展示室・庭園の拝観
 500円(午前10時~午後4時)
本法寺への公共交通機関
 市バス「堀川寺之内」下車、徒歩数分(京都駅前より9系統に乗車)
駐車場 自家用車5台が無料で駐車できます。

隙間400

▼春4月の本法寺多宝塔を桜が美しく飾ります。

本法寺の桜78-1

▼右の鳥居の奥には仏の守護神の大摩利支尊天がお祀りされています。

本法寺の桜78-2

▼本法寺はこの仁王門が正門です。

本法寺の桜1

▼本法寺の仁王門を西側から見ています。

本法寺の桜2

▼本法寺の本堂の前で咲く美しい桜。

本法寺の桜6

▼本堂の前には光悦御手植の松と、長谷川等伯の像が見られます。

本法寺の桜5

▼本法寺の本阿弥光悦作の巴の庭(三巴の庭)の一角。

本法寺の桜4